ロゴ
HOME>特集>合宿免許で運転免許を格安で習得【色々な合宿地が選べる】

合宿免許で運転免許を格安で習得【色々な合宿地が選べる】

標識

合宿免許にかかる費用

自動車の運転免許を取得するには自宅から通うのと宿泊の方法があります。教える内容・時間は一緒ですがスケジュール構成が違います。通学なら1か月の短期から長期間ゆったり受ける人に分かれます。合宿免許は2週間前後と短い期間で学んで運転し卒業します。費用はこちらの方が断然お得となります。短期的に集中して打ち込むので確実に免許を取得できるのがメリットです。かかる費用は時期によって少し変動します。合宿する人のほとんどが大学生や高校生などの学生です。夏休み・冬休みなどの長期休暇にほとんどの人が参加します。この時期は需要が特に高くなるので教習所も値段を上げています。料金が安いプランもありますが、すぐに売り切れる可能性があります。休暇の時期に格安で受けたいなら早めの申し込みをおすすめします。一方で需要の少なくなるのは4月から7月、10月から1月となり相場も安くなります。安くても内容は変わらないので、余裕があるならこの時期を狙ってもいいでしょう。また、お部屋を相部屋か貸し切りにするかでも変わってきます。

教習所

合宿免許に参加する際の下準備

格安が魅力の合宿免許は2週間前後は帰れません。必要な持ち物をもって当日までにしっかり準備しましょう。まずは絶対に必要になるものがいくつかあります。本人の本籍地が記載されている住民票です。他にも本人確認書類(健康保険証・パスポート・住民基本台帳カード)を1つ持参しましょう。印鑑(認め印)・筆記用具も忘れず持って行ってください。2週間の滞在なので着替えとパジャマを用意しましょう。しかし2週間分の着替えは負担となるので、数日分の着替えで十分です。宿泊施設のランドリーを使って洗濯していきます。服装は華美でない動きやすい服、スニーカーにしましょう。施設にもよりますが歯ブラシ・バスタオルなどのアイテムがない場合も多いです。洗面用具一式を用意しておいて損はありません。必要な現金はプランにもよります。食事が3食ついていれば食事代を気にする必要がありませんが、食事なしではある程度必要になります。1~2万円ぐらいを持っていれば困ることはないでしょう。万が一足りなくなったら銀行やコンビニのATMなどでお金をおろしましょう。